産後の体形を元に戻す美容整形

産後の体形を戻すのは難しい

妊娠や出産を経験した女性の体形は大きく変化しています。産後の安静にしているべき期間が過ぎると、産後ダイエットをすぐに開始する母親たちが多いのは、産後半年くらいまでが体形を戻しやすい時期だからです。まさに時間との闘いでもありますが、育児で手いっぱいの人や、体力面でダイエットをするまでの余裕がない場合は、わかっていてもなかなか実行できないものです。美容整形で産後の体形回復のためのメニューが登場するのにはそれなりの理由があるということですね。

産後の美容整形が求められる部分

経産婦の方を対象にアンケートを集計した結果、自身の体形変化を自覚して気にしている層も、夫から指摘されてしまった層もかなり高い割合を占めていました。妊娠出産を経て変化したのが気になる点としては、バストトップの肥大や、垂れ下がってしまったバストなど、胸に関する様々な悩みや、お腹やお尻にぜい肉がついてしまったことでスタイルが悪くなってしまったことなどが上位を占める傾向がありました。どれも女性にとっては困る悩みです。

どのように体形を戻していくか

産後に崩れたスタイルやバストの総合的な悩みを解決させるために行われている美容整形のメニューには色々なものがあります。授乳でバストトップが伸びてしまった場合などは、手術で縮小が可能ですし、垂れてしまったり形が崩れたバストは豊胸手術で形を整えることが可能です。体形変化に伴って伸びた皮膚が余ってしまっている場合はサーマクールが有効ですし、身体についた脂肪もまとめて吸引することで、妊娠前よりも整ったスタイルにすることも可能です。

おしっこや性交の際に性器(小陰唇)の形が歪な事によって納得できる生活が送れない場合がありますが、その際は小陰唇縮小手術を行えば解決するでしょう。