レーザー脱毛の種類について

肌への負担が少ないダイオードレーザー

レーザー脱毛の中で最もよく使用されているのがダイオードレーザーというタイプです。ダイオードレーザーの波長は日本人の肌の色に合っているため、肌への刺激を軽減できます。そのため痛みが少なく、肌への刺激も少ない脱毛が可能となります。肌を冷却しながらレーザーを照射する機器なら、肌への痛みを更に和らげることが可能です。

また、ダイオードレーザーは産毛や細い毛などへの脱毛効果が出やすいのも特徴です。家庭用脱毛器でもダイオードレーザーが採用されています。

ジェルが不要のアレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは1997年から導入されている歴史のあるレーザー脱毛機器です。脱毛以外にシミ・アザ、ニキビの治療にも使用されてきました。

アレキサンドライトレーザーには痛みが強いというデメリットがあります。しかし、施術の際にジェルを塗る必要がないのでスピーディーな施術が可能というメリットもあります。また、ジェルで肌が荒れるという人でも安心して利用できます。痛みが強いと言っても、レーザー照射の際には冷却ガスを肌に当てるので痛みはかなら軽減されます。

日焼けした肌でも安心なYAGレーザー

レーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応してレーザーを照射するので、日焼けした黒い肌だと脱毛ができない可能性があります。

しかし、YAGレーザーは日焼けした黒い肌でも安全に脱毛できる様にレーザーの波長が調整されています。つまり日焼けした黒い肌に反応しないように、メラニン色素の薄い部分には反応せず、濃い部分にだけ反応する仕組みになっています。

そのため、メラニン色素が濃いヒゲや太いすね毛の脱毛には最適ですが、色素の薄い産毛などの脱毛には適しません。

医療レーザー脱毛は出力が高い医療用の機器を使用するので、無駄毛の除去を効率よく行うことができます。その一方で肌への刺激が強く、場合によっては火傷や色素沈着が生じる可能性があるので注意が必要です。